カードローンの基礎知識

カードローンという言葉自体はよく聞きますが、実際にどういう物かと訊かれて答えられる人は、そう多くありません。
カードローンとは、簡単にいうと「個人を対象とした、担保の要らない融資」のことです。
担保が要らないということは、借りる人の信用に重きを置いているということです。
そのため、自動車ローンなどと比べると、審査が厳しいといえます
とはいえ、「年収〇〇〇万円以上でないと不可」という厳密な基準があるわけではないので、「安定した収入がある」という条件さえ満たしていれば、誰でも申し込むことができます。
最近は、限度額が10万円ほどと低めに設定された物もあるので、学生や主婦の利用者も増えてきています。
さらに、審査にかかる時間も以前よりは短くなっているので、利用しやすくなっているとはいえます。
そして、カードローンはもちろんローンの一種ですが、ローンには「目的ローン」と「フリーローン」の2種類があり、カードローンは後者に属します。
目的ローンとは、使い道が決められているローンのことです。
ですから、自動車ローンなら、自動車を買うためにしか使うことができません。
一方、フリーローンは使い道が決められていないので、旅行や飲み会の費用に使っても問題ありません。
しかし、その分目的ローンより金利が高くなっています。
さらに、カードローンには「限度額の範囲内であれば、借入回数に制限がない」という特徴があります。
限度額についても、よほどのことがないかぎり減額されたりはしません。
消費者金融から借りる場合は、その都度審査を受けなければならないので、これは大きな利点といえます
しかし、これには難点もあります。
いつでも借りられるので、借金をしているという感覚が希薄になってしまいがちだからです。
借りては返しということを繰り返していると、利子だけでもかなりの額になります。
ですから、必要がなければ、できるだけ利用残高はゼロにしておいたほうがよいでしょう。