キャッシングの利用目的について

キャッシングの最大のメリットは、「お金の使い道が自由」ということです。
これは非常にありがたいことなのですが、何も考えずに使っていると返しきれなくなるおそれもあります。
延滞金が発生したり、差し押さえを受けたりすることもありえます。
そうならないためには、計画的な利用を心掛ける必要があります。
まず、キャッシングを利用する目的を明確にしましょう。

お金を借りる理由は人によって異なりますが、「そのためにキャッシングを利用していいのか」ということをしっかり考えてください。
例えば、急な飲み会などであれば、一時的な出費ですから、キャッシングを利用しても問題はないでしょう。
あくまで、「次の給料日までのつなぎ」だからです。
しかし、「生活費が足りない」という理由だと、危ないといえます。
生活費の足しにするためにキャッシングを利用している人は少なくありませんが、生活費が足りないということは、支出が収入を上回っているということです。

それはつまり、返す当てがないということですから、借金の額は次第に増えていきます。
また、借りられる額には上限があるので、いずれ行き詰まることは明白です。

そういう場合は、キャッシングを利用する前に、収入と支出を見直すべきです。

収入を増加させるか支出を削減するかの二つの方法がありますが、前者は自分でコントロールするのは難しいので、たいていは後者を選択することになります。
「給料だけでは足りないので、とりあえずキャッシングを利用しつつ、ボーナスが入ったら返していく」というやり方も、ちょっと急な出費があっただけで行き詰まるおそれがあるので、改めたほうがよいでしょう。
そして、よそから借りている分を返すために利用する場合などは、論外といえます。
よくあるのは、住宅ローンを返すためにキャッシングを利用するというケースですが、今は突然の給料カットも珍しいことではないので、ライフプランの再設計をしたほうが賢明です。